新着記事

「情報」と「情報でないもの」

ユーザーはウェブサイトやアプリケーションの利用時、そこにある情報を通じて、自らの目的を達成することができます。その意味で IA (情報設計) はウェブデザインの要であると言えますが、この IA によってユーザーにもたらされる「情報」とは、何でしょうか?

ウェブアクセシビリティ検証ツール「WAVE」のアップデート (2020年9月)

米国の非営利団体 WebAIM が開発しているウェブアクセシビリティ検証ツール「WAVE」がマイナーアップデートされました。主な改善点をご紹介します。

ステッパー (stepper) による数の入力

数 (人数、個数、年齢などのように数えたり測ったりできるもの) を入力させる UI コンポーネントとして、増減ボタンを押して値を入れることができる「ステッパー」があります。この記事では、ステッパーの利点や、アクセシビリティを担保した実装について、考えてみたいと思います。

オートコンプリートのアクセシビリティを考える

フォームのテキスト入力を補完するインタラクションとして、「オートコンプリート」があります。テキストボックスに文字をタイプし始めると、それに呼応して、タイプされた文字列と部分一致する入力値候補が一覧として提示され、ユーザーはその中から入力値を選択できるという、コンボボックス型のインターフェースです。とても便利で有用なだけに、この UI を採用する際には、より多様なユーザーが利用できるようにアクセシビリティもしっかりと担保したいものです。

WCAG 2.2 Working Draft (2020年8月11日版)

W3C が勧告している WCAG (Web Content Accessibility Guidelines) の次期バージョン、WCAG 2.2 の Working Draft が、2020年8月11日に開示されました。9つの新しい達成基準が追加されており、内容的には、キーボードフォーカスの視認性、改ページのナビゲーション、ドラッグ操作の代替、タッチインターフェースのタップ領域、ヘルプ機能へのアクセス、コントロールの常時可視化、認知的な機能によらないユーザー認証、冗長性による入力支援 ... と多岐にわたります。