Accessible & Usable

ウェブをはじめとするデジタルコンテンツの、ユーザビリティ、アクセシビリティ、情報設計 (IA) に関する話題をマイペースに発信。世の中のサイトやアプリがあまねく、インクルーシブで使いやすいものになることを願って。

新着記事

「ユーザーとの向き合いかた」を深化させるアクセシビリティ (iCARE Dev Meetup #33)

2022年5月18日に開催された「iCARE Dev Meetup #33」に登壇させていただき、『「ユーザーとの向き合いかた」を深化させるアクセシビリティ』というテーマでお話をしました。

Twitter の「ALT」バッジ

2022年4月8日付で、Twitter は「ALT」バッジをグローバルにリリースしました。晴眼者に向けて画像に代替テキストを付けることを啓蒙、促進する意味合いがあるのだろうと思いますが、実際には「ALT」バッジが表示されたことによってかえって、本来の代替テキストとは違う意図のテキストが入れられてしまうケースが見られるようになっています。

The WebAIM Million (100万のホームページに対するアクセシビリティ自動検証) : 2022年の調査

米国の非営利団体 WebAIM が実施した、「The WebAIM Million」という調査があります。メジャーどころの100万ウェブサイトを採り上げ、ウェブアクセシビリティ検証ツール「WAVE」のエンジンを用いて自動検証を行ない、定量的に傾向を分析する、というものです。2022年2月に第4回の調査が実施されたので、その結果を抜粋します。

axe-con 2022

Deque Systems, Inc. が主催する、デジタル領域のアクセシビリティをテーマにした「axe-con」というカンファレンスがあります。完全オンライン形式で、無料で参加登録できる (アーカイブも視聴可能) ということもあり、日本にいながらでも気軽に参加することができます。今回、いくつか興味深いセッションをアーカイブで視聴しましたので、備忘録として、書き残しておきたいと思います。

Designing Connected Content

「DESIGNING CONNECTED CONTENT — デジタルプロダクトの長期的な成長を支える構造化コンテンツ」を読みました。デジタルコンテンツについて、基本となるのは「構造化コンテンツ」であり、まず構造を設計し、その構造に基づいてコンテンツを作り、最後にインターフェースとしてパブリッシュしよう、と説くものです。