ウェブアクセシビリティの検証に iOS「アクセシビリティショートカット」を利用する

iPhone (iOS) には様々な支援技術があらかじめ装備されています。たとえば、VoiceOver (スクリーンリーダー)、ズーム (画面の拡大表示)、色の反転、カラーフィルター、スイッチコントロール、音声コントロール、などです。ウェブコンテンツのアクセシビリティを検証するツールとしても有用です。

これらの支援技術は、iOS の「設定」の中にある「アクセシビリティ」に入ることで、起動させることができますが、都度「設定」を開き、メニューを辿って起動のオン/オフを切り替えるとなると、少し面倒です。そこでおすすめなのが、アクセシビリティ検証に用いる支援技術をあらかじめアクセシビリティショートカットに登録しておくことです。「設定」>「アクセシビリティ」>「ショートカット」を開くと、支援技術のリストが表示されるので、使いたい支援技術にチェックを付け、ショートカットに登録します。

支援技術をアクセシビリティショートカットに登録する。ここでは、VoiceOver、ズーム機能、カラーフィルター、色を反転 (クラシック/スマート) を選択している。順序もお好みで変更できる。
アクセシビリティショートカットの設定画面

ここで登録した支援技術は、ホームボタン (最近の、ホームボタンがない機種の場合はサイドボタン) のトリプルクリックによって開くショートカットにリスト表示されるので、素早くそこから起動することができます。

ホームボタンまたはサイドボタンをトリプルクリックすると、アクセシビリティショートカット (支援技術のリスト) が表示される。
アクセシビリティショートカット (支援技術のリスト) の表示例

Assistive Touch 経由でアクセシビリティショートカットを利用する

ホームボタン (またはサイドボタン) のトリプルクリックが難しい、あるいは煩わしいと思われる方は、アクセシビリティショートカットを Assistive Touch 経由で利用することもできます。

「設定」>「アクセシビリティ」>「タッチ」を開き、その中の「Assistive Touch」をオンにします。そのうえで、「最上位メニューをカスタマイズ」を開き、「アクセシビリティショートカット」を追加します。

左 : Assistive Touch をオンにした状態。その下に「最上位メニューをカスタマイズ」というメニューが見える。
右 :「最上位メニューをカスタマイズ」画面。ここで「アクセシビリティショートカット」を追加しておく。
Assistive Touch の設定画面

こうしておくことで、iPhone の使用中にいつでも、Assistive Touch ボタンをタップして、アクセシビリティショートカットから支援技術を起動することができます。

左 : Assistive Touch ボタンをタップすると、アクセシビリティショートカットのアイコンが表示されているのが見える。
右 : Assistive Touch でアクセビリティショートカットを開くと、ホームボタン/サイドボタンをトリプルクリックしたときと同様に、支援技術のリストが表示される。
Assistive Touch 経由でのアクセシビリティショートカットの起動

コントロールセンター経由でアクセシビリティショートカットを利用する

アクセシビリティショートカットは、コントロールセンター経由で利用することもできます。

「設定」>「コントロールセンター」を開き、その中の「コントロールをカスタマイズ」を開きます。カスタマイズ画面で、「アクセシビリティのショートカット」をリストに追加します。

コントロールセンターのカスタマイズ画面で「アクセシビリティのショートカット」をリストに追加する。
コントロールセンターのカスタマイズ画面

こうしておくことで、iPhone の使用中にいつでも、コントロールセンターを開いて、アクセシビリティショートカットから支援技術を起動することができます。

左 : コントロールセンターを開くと、アクセシビリティショートカットのアイコンが表示されているのが見える。
右 : コントロールセンターでアクセシビリティショートカットを開くと、支援技術のリストが表示される。
コントロールセンター経由でのアクセシビリティショートカットの起動

複数の支援技術を同時に使うことができる

アクセシビリティショートカットを使うと、上述のように支援技術を素早く起動できるのに加えて、複数の支援技術を同時に起動することも手軽にできます。たとえばロービジョンのユーザーの場合、スクリーンリーダー (VoiceOver)、ズーム機能、色の反転など、いくつかの支援技術を併用するケースがあります。そのようなユースケースを検証する場合にも、アクセシビリティショートカットのリスト上で、支援技術ごとにチェックのオン/オフを切り替えればよいだけなので、手軽に試してみることができます。

アクセシビリティショートカットでは、複数の支援技術を同時に起動させることができる。この例では、VoiceOver、ズーム機能、反転 (スマート) がオンになっている。
アクセシビリティショートカットで複数の支援技術を起動している例

記事を共有

Twitter に投稿 Facebook に投稿 はてなブックマークに投稿 Pocket に追加