記事カテゴリー : ユーザビリティ
(全138件 : 4/14ページ)

ページ内アンカーについて考える

ページ内の特定のセクション (ページ内アンカー) に遷移するリンクがあります。HTML の実装としては正しく、機能としても一見便利ですが、ユーザビリティやアクセシビリティの観点から考えると、いくつか問題もあります。

スマートフォン機種変更とワンタイムパスワード利用解除

インターネットバンキングでワンタイムパスワードを利用している場合、スマートフォンを機種変更する際には事前にワンタイムパスワードの利用解除手続きを済ませておく必要があります。ユーザーがこの手続きを忘れないためには、どうしたらよいでしょうか。

パスワード設定/入力のユーザビリティ (パスワード管理ツール利用者でも利用できるように)

正しいパスワード管理 (セキュアなパスワードを、利用サービスの数だけ、メモせず記憶する) が実際問題として人間の能力の限界を超えている現実を考えると、パスワードの入力や設定は、パスワード管理ツール利用者にとっても利用可能なものであって欲しいと思います。

パターンライブラリー

ウェブサイトやアプリケーションの開発や運営においては、一貫性のある UI を採用し、維持することが、ユーザビリティ上重要になります。UI の一貫性を保つためには「パターンライブラリー」を用意し、プロジェクト関係者の間で共有しておくと便利です。

画像スライドショーの標準 UI (あったらいいな)

ウェブサイトで複数の写真を一連で見せたいケースがあると思います。ユーザビリティ/アクセシビリティ上の問題がなく、かつユーザーが没入感を得やすい UI として、ユーザーエージェント側が全画面表示の画像スライドショーを標準で提供してくれたら...と考えてみました。

画像拡大表示のモーダルウィンドウ (いわゆる Lightbox 系) について

画像拡大表示のモーダルウィンドウについて、個人的に「もやもや」を感じています。特にタッチインターフェースにおいては「余計なクロム」な気がしますし、そもそも画像拡大表示は文脈的に「モーダル」であるべきなのか?という疑問もあります。

エラー (ユーザーのつまずき) をデザインで解決する

ウェブサイトの利用シーンでは、様々な局面でエラー (ユーザーのつまずき) が生じています。この記事では、エラーの種類を理解したうえで、どうデザインによって解決するかを、俯瞰してみたいと思います。

Pull To Refresh の機能拡張

Pull to refresh という UI パターンにおいて「引っ張って更新する」以外の機能が拡張的に盛り込まれたアプリがあります。ひと続きのジェスチャで複数の機能が使える点で興味深いですが、ユーザビリティの観点で気になることがあります。

フォーム入力不備の情報提示 (スクリーンリーダーのユーザーにも伝わるように)

ウェブサイトのフォームで、入力に不備がある場合、問題となっている箇所および修正方法をユーザーに提示する必要があります。そのような情報は当然ながら、支援技術 (スクリーンリーダーなど) のユーザーにも伝わらなければなりません。

動画や音声の自動再生

動画や音声をウェブページに埋め込むことは、今や珍しいことではありません。その際、ページの読み込みと同時に自動再生させたいという考えもあるかもしれませんが、アクセシビリティおよびユーザビリティの観点で問題があるので、慎重に考えたいところです。