記事カテゴリー : アクセシビリティ
(全246件 : 6/25ページ)

iOS 13 で Safari に追加された文字拡大機能

iPhone を iOS 13 にアップデートした方はお気づきだと思いますが、iOS 標準ブラウザの Safari で、アドレスバーに文字拡大機能が追加されました。

WCAG 2.1 早見表 (時代工房)

以前ご紹介した「WCAG 2.0 早見表」のアップデートとして、有限会社時代工房さんが「WCAG 2.1 早見表 (レベルA & AA)」を公開されました。

スクリーンリーダー利用に関するトレンド : 2019年8月~9月実施の WebAIM 調査より

米国の非営利団体 WebAIM による、恒例のスクリーンリーダー利用者調査 (第8回) の結果が発表されました。調査結果の中から私自身が興味深く感じた事項を中心に、スクリーンリーダー利用に関するトレンドについてまとめたいと思います。

ウェブアクセシビリティの「べき/べからず」ポスター (UK Home Office) 日本語版

先の記事でご紹介した、英国内務省 (UK Home Office) によるウェブアクセシビリティの「べき/べからず」ポスターが、日本語化されました。

JIS X 8341-3:2016 達成基準 早見表 (WAIC 公式版)

ウェブアクセシビリティ委員会 (WAIC) より、「JIS X 8341-3:2016 達成基準 早見表」の PDF 版が公開されました。

WCAG 2.1 の日本語訳を公開

ウェブアクセシビリティ基盤委員会 (WAIC) の翻訳作業部会にて、W3C 勧告「WCAG (Web Content Accessibility Guidelines) 2.1」の日本語訳が行なわれ、このほど公開されました。

Colour Contrast Analyser (WCAG 2.1 対応) の UI 改善

The Paciello Group が公開しているコントラストチェックツール Colour Contrast Analyser に対して UI 改善提案をさせていただいたところ、このほどリリースされたマイナーアップデート (バージョン 1.1.2) で、私の改善案の大半を盛り込んでいただくことができました。

ウェブアクセシビリティ最新動向 2018 - 2019 (アクセシビリティの祭典 2019)

2019年5月16日の「Global Accessibility Awareness Day」に、神戸で開催された「アクセシビリティの祭典 2019」に登壇させていただき、「ウェブアクセシビリティ最新動向 2018 - 2019」というテーマでお話をしました。

Colour Contrast Analyser (WCAG 2.1 対応)

The Paciello Group が公開しているコントラストチェックツール Colour Contrast Analyser がバージョンアップされて、WCAG 2.1 対応になった (新達成基準 1.4.11 非テキストのコントラスト についても検証できるようになった) と同時に、UI が大きく刷新されています。

WCAG 2.1 に対する私的解釈 (その3) : 達成基準 2.5.5 Target Size

WCAG 2.1 が今年正式に W3C 勧告になりました。より進化したガイドラインになった一方で、個人的には若干もやもやする箇所がいくつかあります。今回は達成基準 2.5.5 Target Size を取り上げ、タッチ操作のターゲットのサイズに関する私的な解釈を加えてみたいと思います。